本文へスキップ

2018-2019年度ターゲット 奉仕を実践し、ロータリーを楽しもう 

会長ご挨拶MESSAGE

  「奉仕を実践し、ロータリーを楽しもう。
   会長 神 崎  誠 


2018-2019年度、伝統ある成田ロータリークラブの会長を務めさせて頂くこと、身に余る光栄であるとともに重責を痛感しております。会員皆様の温かいご指導ご支援、さらなる友情のもと、一年間頑張りますのでよろしくお願いいたします。

国際ロータリー会長バリー・ラシン氏のテーマは、「インスピレーションになろう(Be The Inspiration)」です。一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」になる必要があると述べています。

また、国際ロータリー第2790地区ガバナー橋岡久太郎氏は、地区テーマを「伝統と未来」~誇りと連帯感~とし、伝統は100余年のロータリーの歴史と「4つのテスト」、そして未来は「レガシー・ポリオゼロ」宣言と継続的な6つの重点分野の推進としております。誇りと連帯感とは、ロータリーは世界中の人生に前向きな素晴らしい人々が集う団体で、地域、世界で貢献している会員たちで、信頼の絆で友情を育んでいることと述べています。そしてクラブ会長には、会員増強など8つのお願い(地区運営方針、会長の皆様へを参照)をされております。

成田ロータリークラブでは、大部分は実行されていますが、情報の収集、共有のため、会員にマイロータリーへの登録を推奨することと、公共イメージと認知度の向上をはかるため、ロータリーデーの立案と開催を計画したいと思いますので、関係委員会の方々には、リーダーシップをお取り頂きたくお願いします。

奉仕プロジェクトは例年どおり実施しますが、新しく成田市大栄地区にある「いこいの広場」に仮設トイレを設置すべく計画しております。この広場は近くの方々や特に日本ボーイスカウト成田第1団の活動拠点にもなっており、交流・支援を継続しておりますが、設備は平成2411月の倉庫寄贈以来のものとなります。3月末にロータリー地区補助金を申請しており、認められれば予算的にも大変助かります。

国際奉仕では、モンゴル高等専門学校の支援を続けていますが、今後どうすべきか総括する時期となってきました。皆様の忌憚のない意見をお願いします。

現在会員数も74名となり、若い会員、入会間もない会員も多く、例会参加をはかる一つの手段として、SNSの活用を検討していきたいと思います。

また、RIでは、クラブが戦略計画を立てることを提唱していますが、成田ロータリークラブには長期計画委員会が存在し、かつ奉仕プロジェクトの計画実施についてと数値目標があり、これとどう関係させるか議論していき発展させたいので、諸先輩のご意見ご協力をお願いします。

来る諸岡靖彦ガバナー年度に向けて、年度後半は三大セミナーも開催されますので、会員皆様の協力が必要です。全員参加で成功させましょう。

会員の多くが友情と人助けのため、奉仕活動をするため、成田ロータリークラブに入会されました。皆様との親睦、友情を深化し、そして大勢が積極的に参加する奉仕活動を実践し、ロータリーを楽しみたいと思いますので、ご指導ご協力の程、お願い申し上げます。

 

 

「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています。」

(国際ロータリー 「ビジョン声明」 2018.1.14





                                                  以上

【過去の会長ご挨拶】
2017-2018年度会長ご挨拶
2016-2017年度会長ご挨拶
2015-2016年度会長ご挨拶
2014-2015年度会長ご挨拶
2013-2014年度会長ご挨拶
2012-2013年度会長ご挨拶


成田ロータリー・クラブ

〒286-0127
千葉県成田市小菅700 
成田ビューホテル内

TEL 0476-33-8786
e-mail chiba@narita-rc.com
URL htt://www.narita-rc.com

例会場のご案内/地図